太根生死輪廻

2017/11/15

 f:id:munosan:20150123152138j:plainf:id:munosan:20150123152649j:plain

 幸田 文さんの名著『木』を読んでから、草木に心をよせるようになった。

 雪国でくらしていて美しいと思うながめは、真冬の落葉樹のさまである。
f:id:munosan:20150123152216j:plain
 烈風、大雪にたえ、寒気をしのぐために、必要ぎりぎりのもの以外の一切をすて、アバラボネだけになっている姿である。

 枝は血管ともとれ、幹も皮膚ともとれ、躍動感いさましい。
f:id:munosan:20150123152258j:plain
 春にもっとも近く位置している。

 生存の座標軸である。

f:id:munosan:20150123152456j:plain