法然上人の著『選択本願念仏集』のはじめにかかげられた標宗の文に「南無阿弥陀仏 往生之業 念仏為本」とあります。
この「念仏為本」といわれた意味をうかがうについて、まず留意しなければならないのは、これは諸行に対して「念仏を本とす」といわれたのであって、信心に対して「念仏を本とす」といわれたのではないということであります。つまり、阿弥陀仏の浄土に往生する業因としては、称名念仏以外の行は「本」ではなく、南無阿弥陀仏と仏名をとなえる念仏が「本」であると示されるのです。この念仏為本の「本」とは「正」と同じ意味であると考えられます。すなわち、称名念仏が浄土往生の正しき業因であって、称名以外の行は浄土往生の正しき業因ではないという意味をあらわすのが、この「念仏為本」であります。
本願の文には「十方衆生、至心信楽欲生我国、乃至十念、若不生者~」と誓われています。「至心信楽欲生我国」は名号を私の心にいただいたすがたで、これが信心です。「乃至十念」は心にいただいた名号が私の口業にあらわれ出たすがたで、これが称名であります。この信心も称名も共に如来の名号が私の上に届いたすがたにほかなりません。したがって、如来の名号をいただいたすがたは、信心でも称名でも語られます。 善導・法然は、諸行に対して称名念仏をもって本願の法をあらわされます。それが善導大師の示された称名正定業の義であり、法然上人の示される念仏為本の義であります。そして、これは信心を具した称名念仏で往生の業因を語られる念仏往生義であります。この場合、称名念仏でもって往生の業因を示されますけれども、舌を動かして声を発するという私の行為(口業)に功を認めるものではありません。『選択集』で申しますと、「時節の久近を問わず、行住坐臥をえらばず、時処諸縁を論ぜず」といわれる本願他力の念仏であります。したがって、私を往生せしめる力用は如来の名号そのものにあるとされます。『選択集』の第三、本願章には、本願に他のすべての諸行を選び捨てて、念仏一行を往生行として選び取られた理由として、念仏は勝れていて易く、諸行は劣っていて難しいからであると述べられています。その念仏の勝れているわけを示されて「名号はこれ万徳の帰するところなり。しかればすなはち弥陀一仏の……一切の内証の功徳……一切の外用の功徳、みな悉く阿弥陀仏の名号のなかに摂在す。かるがゆえに名号の功徳もっとも勝れたりとす」等と仰せられています。念仏が勝れているのは、実は名号が勝れているからであります。いいかえますと、念仏が往生の業因であるということは、阿弥陀仏の名号の力をいただいて往生させていただくことにほかなりません。したがって、自分の称えたことに功を認めて、これを正因と考える「称名正因」とは全く異なるのであります。
念仏為本ということは、「信心」に対して「念仏」を本とするといわれたものではありません。すでに本願の文には「信じさせ、称えさせて往生させよう」とお誓いくだされてあるのですから、真実信心を具さないような念仏は本願の念仏ではありません。『選択集』にあっては、「念仏の行者、必ず三心を具足すべきの文」とかかげ、『観経』の三心と、これを註釈された善導大師の『散善義』の三心釈、および『往生礼讃』の前序の三心釈の文を出され、次に法然上人がこれを解釈されるところには、「深心」(これは本願の信楽にあたる)について「まさに知るべし、生死の家には疑をもって所止とし、涅槃の城には信をもって能入とす」等とお示しくださっています。以上によって、法然上人の「念仏為本」のお勧めは、称名正因とは異なるものであって、信心正因の義とすこしもくいちがいのないことが知られます。
法然上人は、第十八願の一願だけで真宗の法をあらわされますから、諸行に対して「乃至十念」の念仏でもって、往生の業因を示されますが、その業因は如来の名号に帰結します。親鸞聖人は法然上人から承けた第十八願の法を、更に真実五願(第十七・第十八・第十一・第十二・第十三)に開いてお示しくださいます。この場合、往生せしむる力(業因)は名号自体にあるとされますから、第十七願のところで行を語られます。つまり、諸仏が称揚讃嘆されつつある弥陀の名号、その名号を大行とされます。したがって、「乃至十念」の称名はこの名号が衆生の上に活現しつつあるすがたであるとされるのです。そして五願に開示した場合は、第十八願は信心を誓われた願とし、名号の徳が衆生の上にそなわるのは信一念のときであるとあらわされるのであります。
法然上人は信を具した称名行で往生を得ると仰せられたのを承けて、宗祖聖人は行から信を別開せられ、名号が業因であり信心が正因である旨を明らかにされたのです。これによって、法然上人の仰せられる「称えて往生」は、私の称えるという行いに功を認めるような自力の念仏ではなくて、名号業因をいただいて往生という意味であると、念仏往生義の正しい意味を誤ることのないようにせられたのが宗祖の釈義であるといえましょう。
「往生之業、念仏為本」という語は、もと源信和尚の『往生要集』の第五助念方法門の第七総結要行に出ている用語です。これは第四正修念仏門から第五助念方法門までに示された多くの行の中から、肝要とされる行を七つ挙げて結ばれるので、その七つの行の中で、称名念仏を本とするといわれるのです。この念仏は他の行によって助けられる念仏であって、念仏一行で往生という本願他力の念仏とは見がたいものです。しかし『要集』の第八、念仏証拠門には本願他力の念仏が示されています。 そこで法然上人は『要集』の助念方法門から用語をとり、意味は念仏証拠門に示される他力念仏として、『選択集』の標宗にかかげられたものと考えられます。また、『選択集』の一本(廬山寺本)では「往生之業、念仏為先」となっています。それは同じく源信和尚の『妙行業記』に「念仏為先」となっていたので、それを用いられたものといわれます。